よくある病気

婦人科特有の病気があります。
女性特有の悩みがあります。

よく耳にするこれらの婦人科の病気・・・
「病院にいくのは恥ずかしい」なんて言っている場合ではありません。
女性による診察なら、安心して受けていただけるのではないでしょうか?
悩まず迷わず、是非ご相談ください。


子宮内膜症

子宮内膜症イメージ

子宮内膜症とは?

子宮内膜組織が子宮の中以外の部位に発生して増殖する病気です。
女性ホルモンが病気の進行に関わっており、月経周期にあわせて増殖や剥離をくりかえします。
月経痛を起こす代表的な婦人科疾患です。

原因はいまだ研究途上ですが、月経血が卵管を通り腹腔内に逆流することにより、経血中の子宮内膜組織が腹膜、卵巣、直腸表面などに生着し、子宮内膜症となるのではないかという説が一般的です。
そのことは、初潮年齢が低い人、月経周期が短い人は子宮内膜症の罹患率が高く、また内膜症組織は子宮の裏側に好発することからも窺えます。

近年、初潮年齢は低くなったにも関わらず妊娠出産年齢が高齢化し、しかも少子化となり月経がおこる回数が増えたために子宮内膜症が増えてきたといわれています。

どんな症状?

一番特徴的で、多いのが月経痛です。

月経痛は内膜症の程度に比例して強くなるというわけではありません、初期でも強い場合もあります。
月経のときに排便痛が起こることもあります。
子宮の裏側や直腸表面の病変がつよく癒着を起こしている場合は性交痛も出てきます。
子宮内膜症が卵巣に発生するとのう胞を作ります。
これが慢性の腹痛、腰痛の原因になることもあります。

腹腔内の癒着により子宮、卵巣、卵管に影響を及ぼし、不妊となることもあります。
女性ホルモンが病気の進展にかかわっており、閉経後には改善します。

治療方法は?

保存的治療(手術をしない方法)と、手術療法に分けられます。

保存的治療には

(1)痛み止めで様子を見る。

(2)黄体ホルモンやピルを周期的に服用して月経量や月経痛をやわらげる。

(3)約半年間生理をホルモン剤で止める。場合によりこれを繰り返す。

の3つがあります。それぞれ利点欠点がありますのでよく相談してから治療を開始しましょう。

手術療法の場合は

(1)子宮や卵巣を摘出する。(根本的な治療)

(2)癒着剥離や病巣の焼灼、卵巣に出来た場合はのう胞摘出。

の2つがあります。

妊娠を希望している人には(2)を積極的に行います。
最近では腹腔鏡下で行うことが多くなりました。
術後妊娠率が向上したという報告が多くなされています。