よくある病気

婦人科特有の病気があります。
女性特有の悩みがあります。

よく耳にするこれらの婦人科の病気・・・
「病院にいくのは恥ずかしい」なんて言っている場合ではありません。
女性による診察なら、安心して受けていただけるのではないでしょうか?
悩まず迷わず、是非ご相談ください。


更年期障害

更年期障害イメージ

更年期障害とは?

卵巣機能が衰える40代から50代前半の女性に現れる様々な症状の中で、日常生活に支障を来たすものを更年期障害と呼びます。
女性ホルモンの低下に加え、その人の性格や取り巻く環境も症状発現に大いに関係します。

どんな症状?

(1)血管運動神経系症状・・・のぼせ、ほてり、手足や腰の冷え、動悸息切れ

(2)精神神経系症状・・・不眠いらいら、不安感、ゆううつ、頭痛、めまい、吐き気  

(3)運動神経系症状・・・疲れやすい、肩こり、腰痛、手足の痛み

しかし、頭痛、肩こり、疲れやすい、腰痛、精神不安などは更年期以外の年代でも良く見られます。
更年期に有意に多い症状はのぼせ、ほてり、動悸、不眠(夜中に目が覚める)のような症状であることがわかっています。

どうやって診断するの?

(1)月経が非常に不規則あるいは無月経となり

(2)ホルモン検査で女性ホルモン(エストラジオール)の低下を認め

(3)時期を同じくして上記のような症状が出てきており

(4)なおかつ他の疾患ではないもの
(たとえば、動悸の場合は心臓や甲状腺に異常がないかチェックします)

を更年期障害と診断します。
精神的な症状が強い場合はうつ病や神経症のこともあり、また甲状腺機能異常、整形外科的疾患も多くなる年代であり、更年期障害の診断が難しい場合があります。

 

治療方法は?

(1) ホルモン補充療法

不足している女性ホルモンを補充します。
通常子宮がん予防のため、子宮摘出された方以外は2種類のホルモンを内服あるいは貼り薬で投与します。
注射を3、4週ごとに投与する場合もあります。
ほてり、のぼせ、動悸などは薬によく反応します。

(2) 漢方薬

ホルモン剤が使えない、または症状が多岐にわたり、ホルモン剤の効果があまり期待できないような場合に用います。
薬が本人の体質傾向に合った場合は高い効果が期待できます。

(3) 自律神経調整薬、精神安定薬

症状に応じて使用します。