島田さと里が送る 泉(Wellspring) からのメッセージ ~潤いの一滴

便秘(便秘解消して、お腹も・心もスッキリさせよう!)

今年は春の訪れがゆっくりでヤキモキしていましたが、やっと草花や木々が元気になってきましたね。我が家のパンジーやチューリップも真っ盛り。見ていると明るい気持ちになります。
もうすぐゴールデンウイーク!1年の中でも過ごしやすい季節です。ぜひ外に足を運んで、心も身体もリフレッシュしてみてください。

さて、前回までは「冷え」についてお話しましたが、今回は女性の悩みの上位でもある「便秘」をテーマにお話します。
何を隠そう私自身も14年程これに悩まされ続けております。テレビや雑誌で良いといえば取り入れ、いろいろと試行錯誤しています。
そこで、今現在取り入れている方法と、最近の情報などを織り交ぜてお伝えいたしますので、参考にしてみてください。

1.便秘(ガスや便がたまること)になるとおこるトラブル

お腹が張って痛みが出る

免疫機能が乱れ、アレルギー症状などを招く

肌荒れ

実際以上にイライラや不快感を生じやすくなる

悪玉菌が増え、発がん性物質が発生しやすくなる

2.便秘解消方法
「ゴロゴロ寝」でガスを動かす

ごろごろ転がるだけでガスが動き、その結果腸の動きもよくなります。

【方法】
・両腕を延ばしうつぶせになり、ゆっくり左にごろんと仰向け→元のうつぶせに戻り今度は反対右に仰向け。これを繰り返す。
・いつ行ってもいいが、起床時・就寝前が効果的。
・1日3分。
・動きはゆっくりと。

朝1杯の水を飲んで腸を刺激

特に硬水のミネラルウォーターには、便通を促す効果のあるマグネシウムが含まれているので良い。
その他、牛乳・コーヒーもOK!

腸マッサージをして腸を動かす

【方法】
・左肋骨の下あたりを親指以外の4本の指で押す(表面から直接腸に触れられる部分だそうです)。
それから、腸に沿って左右の手交互に押しながら骨盤まで進める。
・起き抜けと寝る前がお勧め。 *ちなみに私は、排便時行っています。

排便姿勢の工夫

・両かかとを上げて、前かがみになり踏ん張る。こうすると、肛門に力を入れやすい。
・また、上半身を左右にひねってトイレタンクにタッチするのも効果的!

お勧め食材

もち麦
便の量を増やして排便を促す不溶性食物繊維と便を柔らかくする水溶性食物繊維を含む穀物。
血糖値の急上昇も抑えるので、ダイエット効果も。
白米2:もち麦1の割合で炊き、1日2回とると効果的。

・その他…
きな粉・プルーン・ヨーグルト・干し柿・ごぼう・きのこ・海藻類
*同じものばかりより、いろいろな物を食べるのが良いそうです!

漢方薬

私は、防風通聖散と桃核承気湯を1包ずつ内服しています。体質により合う薬が違いますので、ご相談ください。

便秘でお困りの方。少しは参考になりましたか?解消されること願っています。

今回のコラムが潤いの1滴になってくれたら幸いです♪

参考文献
サンキュ! 2017年3月号 No.251 ベネッセコーポレーション