島田さと里が送る 泉(Wellspring) からのメッセージ ~潤いの一滴

冷えは万病のもと(冷えとり生活を始めましょう!)パート2 後編

>> 前編はこちら

2.からだの外側から温める

体温UP↑⑩
絹や綿の腹巻きを24時間つける。

体温UP↑⑪
湯たんぽを活用する…太もも→お尻→腰と大きな筋肉がある部分を温める。

体温UP↑⑫
蒸しタオルを活用する…濡らしてよく絞ったタオルをラップに包み、レンジ(600w)で1分加熱。素早く広げて程よい温度にして使用。
・肩や首に当てるとコリ解消
・目の疲れ、ドライアイ解消

体温UP↑⑬
5本指ソックスをはく…足指の付け根にあるツボが刺激され、血流改善。冷えのひどい人はその上から普通の靴下を重ね履きすると更にいい。

体温UP↑⑭
寝るときは緩めのレッグウォーマーをつけ、足首を温める。

01体温UP↑⑮
ドライヤー温灸…冷えの特攻ツボ三陰交に、ドライヤーの温風を当てながら近付け、熱いと感じたら離す。左右各5回。髪を乾かすついでに。

体温UP↑⑯
入浴は、38~39℃のお湯に10分以上つかる。までつかり炭酸の入浴剤を入れると、更に効果的。

体温UP↑⑰
肩甲骨の間にカイロを貼る血流改善風邪予防にも効果的。

体温UP↑⑱
外出する時は、マフラー&マスクを身に付ける…首には、動脈が体表近くを走っている為、温めると効率よく全身が温まる。

3.筋力をつける

体温UP↑⑲
下半身に筋肉をつける…体温の40%以上は筋肉から生み出され、その筋肉の70%以上が脚、お尻、腰に存在しています。そのため、下半身に筋肉をつけることが大切。

最適な運動 ⇒ スクワット
02
10~15回を1セットとし、1分ほど休みをはさみ、3セット行う

体温UP↑⑳
ちょっと緩く、「太もも上げ運動」で筋力UP。
壁や机などに手をついて立ち、片足ずつ太ももを股関節の高さまで引き上げる。1日10回。家事の途中など“ながら”で○。

4.その他

体温UP↑㉑
指組み…左右の手のひらを自分のほうに向け、親指以外の指を交互に浅めに組み、軽く手を握って力は抜く→指先が温まり、心臓への血流が良くなり、全身が温まる。

体温UP↑㉒
ふくらはぎもみ…ふくらはぎをもむとポンプ機能が高まり、冷えむくみが改善。下から上へ5分ほどもむ。

*ちょっと余談*

体温UP↑㉓
夜ふんどしで寝る(≧▽≦) (2月14日は「ふんどしの日」、中日新聞から)
ふんどしは腰の部分をゴムで締め付けないので、血流が改善され、冷えむくみに効果あり。女子愛用者も増えているとの事。
価格は、1枚2,000円~3,000円。天然素材の麻や綿にこだわり、デザインもおしゃれになってきているらしい。陰部の肌荒れでお困りの方にもおすすめかも。一度試してみる価値あり。

いかがですか?
どれか5つでいいそうですよ!体温を測りながら、まずは2週間お試しあれ(*^^)v

今回のコラムが潤いの1滴になってくれたら幸いです♪