島田さと里が送る 泉(Wellspring) からのメッセージ ~潤いの一滴
  • ホーム
  • 島田さと里が送る 泉(Wellspring) からのメッセージ ~潤いの一滴~
2016.12.19
冷えは万病のもと(冷えとり生活を始めましょう!)

1

12月に入り寒さが厳しくなってきましたね。寒さでからだを丸めて固くなっていませんか?
東洋医学では、「冷えは、万病のもと」と言われます。
体内循環のよどみ、もしくは偏りがあることで「冷え」を生じ、さまざまな弊害をもたらすのです。例えば、自律神経失調症、生理痛、月経前症候群(PMS)、頭痛、肩こり、肌のトラブル、イライラ、落ち込み等々。
しかし、これらのあらゆる不調は、からだを温めることで改善することも多いのです。
そこで、何回かに分けてからだを温めるコツをお伝えしていきたいと思います。 

第1回目は、「ショウガを食べよう!!」をテーマにお話します。

ショウガを食べよう!!

生姜は、からだを温めてくれる効果があることはよく知られています。
しかし、生姜の成分には、ジンゲオールショウガオールがあり、食べ方により効果に違いがでます。冷え解消には、加熱させた生姜を食することが効果的なのです!

ジンゲオールとショウガオールの比較表

ジンゲオール が加わると⇒ ショウガオール
含まれている状態 生姜 加熱した生姜・乾燥させた生姜
*100℃以上は効果なし
体の温め方 身体の深部の熱を手先、足先に運ぶ、末端部分を温める。深部の体温は下げてしまう。 身体の深部に熱を作り出して温める
効果、効能 殺菌、解熱、風邪の初期対策に、
免疫細胞を活性化させる、吐き気を抑える、血中コレステロール低下、血流改善、
血行不良による肩こり、頭痛の改善
冷え性、免疫力アップ、脂肪や糖質の燃焼(ダイエット効果あり…テレビで取り上げられていました)
血管を健康に保つ、抗がん作用、プロスタグランジンの働きを弱め生理痛、頭痛の軽減、美肌
共通の働き 血管を拡張する作用や抗酸化作用 左に同じ

では、生姜をどう食すればその効果が期待できるのでしょうか??
生姜焼の様にフライパンで熱を入れてしまっては、100℃以上になってしまうため効果は期待できません。
そこで、テレビでも紹介していた簡単レンチンショウガの作り方を伝授いたしましょう。是非、作って試してみてくださいね。

レンチンショウガの作り方

2

① 皮付きのまま「刻んだ生姜」または、「すりおろした生姜」を準備します。(チューブタイプでもOK)
② 500wの電子レンジで4分レンチン(刻んだ生姜がひたるくらいの水と一緒に)
③ 750wの電子レンジなら3分レンチン

注意
*100℃を越えるとショウガオールの効果が消えます。80℃位が風味もいいといわれています。
*容器に生姜が浸る位水を必ず入れる。(発火する可能性があるため)
*電子レンジの時間は目安です。最初はこまめに温度を確認してください。

このレンチンショウガを、湯豆腐の薬味、焼き肉のたれに混ぜる、生姜焼の火を止めた最後にふりかける、ホットココアに入れる等々に利用して食してみてください。1日摂取量は10g(大人の親指の第1関節位の大きさ)

いかがですか?私も、「からだを動かさなくても脂肪燃焼してくれる」という言葉にひかれ、試していますよ。辛味はありますが、癖になってきました。
さて効果は、こうご期待!

次回は、からだを温める生活面での工夫についてお話ししたいと思います。
今回のコラムが潤いの1滴になってくれたら幸いです♪

                                                  

2016.11.01
季節を満喫しよう!!その2:りんごについて

もう一つ、秋と言えば食べ物のおいしい季節。今の時代季節に関係なく何でも豊富に食べられる時代です。でも、それがいいことだとは一概には言えません。食物にも旬があるわけで、旬には旬の食べ物を食べることをお勧めします。

分かりやすく言うと、夏は夏野菜を食べて体を冷やし、冬は冬野菜を食べて体を温める。自然の摂理には驚かされますね。本来は、夏野菜を冬に食べなくてもいいのかもしれませんね。

季節の食物があまりわからない方は、その地域で生産された生産者の表示のある野菜や果物を購入すればいいわけです。新鮮で、栄養価も高く、防カビ剤などの心配もなく、安心ですよ。

さて、ここでは秋の味覚の中のりんごりんごポリフェノールについて取り上げてみます。
そもそもポリフェノールとは、抗酸化作用があり、摂取することで以下のような効果が期待できます。

抗酸化作用を持つポリフェノール
01

アントシアニン【視覚改善】
レスベラトール【細胞を若々しく】
イソフラボン・リグナン【更年期障害の症状改善】
ヘスペリジン【血流改善】
クルクミン【肝機能の向上】
カテキン【生活習慣病の予防】
タンニン【肌の引き締め】

中でもりんごポリフェノールには、たくさんのポリフェノールが含まれていて、ずば抜けて高い抗酸化作用を持つそうです。

昔から「りんご医者いらず」と言われている所以ですね。アンチエイジング内臓脂肪を燃やす効果疲労予防美白などにも役立ちます。旬のりんごを是非食してみてください。

とはいえ、食べすぎは良くありません。以下の様に食べるのがおすすめです。

・皮付きのまま、生で。
・朝食後か昼食後
・一日1/2個

それでは、本格的な秋を満喫し心身ともに充実させましょう!!
今回のコラムが潤いの1滴になってくれたら幸いです♪

2016.10.18
季節を満喫しよう!!その1:ウオーキングについて

季節は秋!!
秋と言えば、食欲の秋・芸術の秋・スポーツの秋・読書の秋・・・・・。
皆さんは、何の秋を満喫しますか?とはいえ、今年の秋は、数々の台風接近で雨ばかり。秋らしい秋と言えず体調を崩しがち。早く澄んだ秋晴れにお目にかかりたいものですね。

01さて、日本には四季があります。せっかく日本に生まれたのだからこの季節を楽しまないすべはないと、私は思うのです。

天気のいい日、ちょっと外に出て季節を感じてみてはいかがですか。家の近くをウォーキングしてみると、普段気付かなかった物が見えてくるかもしれませんよ。

キンモクセイの花の香りや、澄んだ青空清々しい空気。思わぬ発見があり、心も体もリフレッシュ出来るかもしれません。是非、秋に触れてみてください。

ここで、ただ歩くだけでは勿体ないので、たるまない体にする歩き方を伝授いたしましょう。(NHKガッテン! 増刊 「時短」でOK! 科学のワザでちゃっかりやせる!より抜粋)

➀ ふだんよりも7㎝大股で歩く
こうするだけで、普段使っていない体の広範囲の筋肉が使われ、より多くの筋肉が刺激されるそうです!7cmでいいのならやってみる価値ありますよね。

② 1日 6000歩でOK!
 
③ 食前の運動
空腹時に運動すれば、自分の肝臓に貯蔵されていた糖を消費します。すると、血糖値が上がって空腹感がやわらぎ、食事量を減らせます!

これは小腹が減った時の「間食封じのワザ」にも使えます。
その場で10秒間ダッシュをして血糖値を上げ、空腹感を緩和させ、間食を防止する!!
ダイエット中の方、取り入れてみてはいかがですか?

運動を始めるには、良い季節。季節を感じながら、
自分に合った方法で筋力UP!+ダイエット!一石二鳥になればいいですね(^^♪