島田さと里が送る 泉(Wellspring) からのメッセージ ~潤いの一滴
  • ホーム
  • 島田さと里が送る 泉(Wellspring) からのメッセージ ~潤いの一滴~
2016.10.18
季節を満喫しよう!!その1:ウオーキングについて

季節は秋!!
秋と言えば、食欲の秋・芸術の秋・スポーツの秋・読書の秋・・・・・。
皆さんは、何の秋を満喫しますか?とはいえ、今年の秋は、数々の台風接近で雨ばかり。秋らしい秋と言えず体調を崩しがち。早く澄んだ秋晴れにお目にかかりたいものですね。

01さて、日本には四季があります。せっかく日本に生まれたのだからこの季節を楽しまないすべはないと、私は思うのです。

天気のいい日、ちょっと外に出て季節を感じてみてはいかがですか。家の近くをウォーキングしてみると、普段気付かなかった物が見えてくるかもしれませんよ。

キンモクセイの花の香りや、澄んだ青空清々しい空気。思わぬ発見があり、心も体もリフレッシュ出来るかもしれません。是非、秋に触れてみてください。

ここで、ただ歩くだけでは勿体ないので、たるまない体にする歩き方を伝授いたしましょう。(NHKガッテン! 増刊 「時短」でOK! 科学のワザでちゃっかりやせる!より抜粋)

➀ ふだんよりも7㎝大股で歩く
こうするだけで、普段使っていない体の広範囲の筋肉が使われ、より多くの筋肉が刺激されるそうです!7cmでいいのならやってみる価値ありますよね。

② 1日 6000歩でOK!
 
③ 食前の運動
空腹時に運動すれば、自分の肝臓に貯蔵されていた糖を消費します。すると、血糖値が上がって空腹感がやわらぎ、食事量を減らせます!

これは小腹が減った時の「間食封じのワザ」にも使えます。
その場で10秒間ダッシュをして血糖値を上げ、空腹感を緩和させ、間食を防止する!!
ダイエット中の方、取り入れてみてはいかがですか?

運動を始めるには、良い季節。季節を感じながら、
自分に合った方法で筋力UP!+ダイエット!一石二鳥になればいいですね(^^♪

2016.08.24
更年期 ~ 誰でも訪れる通過点 上手に乗り切るには ~

更年期と聞いて皆さんはどんなイメージを抱きますか?
陰気などんよりした衰え、色で例えるならくすんだ色でしょうか?
感じ方は人それぞれだと思いますが、少なくとも明るいイメージではありませんよね。

実は、何を隠そう私自身も更年期真っただ中なのです。
女性ホルモン低下による身体の不調に加え、
「生理が来なくなり、女でなくなってしまった。これから先、身体も容姿も衰え何の楽しみがあるのか。」という老いることへ戸惑いと拒絶反応
その気持ちが上記のようなイメージを抱かせました。

私の最初の症状は、夜間の突然の全身から噴き出る発汗と動悸でした。次第に、仕事中これも突然、皮膚の穴という穴がすべて開いているのではないかと思える程の発汗と共に血の気が引き、立っているのがやっとという状態となりました。
そして同じくして、仕事中も家事をしていても運転中も、訳もなく涙が溢れだし、心も不安定な状況となりました。
「いったい私の体の中で何が起きているのだろう?私、大丈夫?」と不安に駆られていました。

しかし幸いにも、私のそばには院長がおります。すぐに相談しホルモン補充療法(HRT)を始めることにいたしました。
この治療により、発汗・動悸などの身体的な症状はすぐに治まりました。
しかし、心の不安定さに対してはいろいろな要因が関係していますので、一筋縄にはいきません。

そんな矢先1冊の本の出会いが私に光を与えてくれました。
01
その本は、
『50代にしておきたい17のこと』 著者 本田 健 (発行所 だいわ文庫)

各年代別にシリーズ化されており、それぞれの年代に向けて「後悔しない生き方」を選択するための指針が書かれています。
閉経を迎え希望を失っていた私に、50代からでもまだまだ夢を実現できるチャンスがあるというのです。人生の後半戦を豊かな人生にするためには、50代をどう過ごすかで決まると。

50代の生き方指針を一部抜粋しましたので、参考にしてみてください。

抜粋した生き方指針
・やらないと後悔する『先立つ後悔リスト』を作り、クリアしていく。
 今までにやり残したことはありませんか?
 …例)大学に行く・お姫様抱っこをしてもらう・本を出す・個展を開く・初恋の人に告白する・金髪にする・英会話
・やらなければならない事が来たら、『できるか、できないか』を考えるのではなく、『好きか、嫌いか』で判断する。
・嫌なことには『ノー』という。…心が軽くなることだけをやる。
・人生すべてのモチベーションの源となる、ロマンスを取り戻す。
 『素敵だな』と思う気持ちを死なせない。ハートをドキドキさせる(対象はパートナー・俳優・タレント・音楽・場所など)
『時間=命』と考え、今日与えられた時間は今日使い切る。
・実年齢マイナス20歳で生きる。…20代の友人をもつ・羽目をはずしてみる・流行を追いかけてみる。
・感じたことを口に出す訓練をする。 等々

今の人生を振り返って、後悔していることはありませんか?
もし、自分があした死ぬとして、「ああ、あれをしておけばよかった」と思う事柄のことです。
日本では、自分のことは後まわしにして、まわりのことを考えられる人がいい人で、自分の好きなことを優先するのは身勝手だとかワガママだというふうに思われがちです。今まで育児や家事や介護や仕事などでやりたくてもやれなかったこと、遠慮していたこと、あきらめていたことなどがあるのではありませんか?
しかし、50代になり少しはワガママになって、限られた時間を自分の為に使っていいのですよ。
『後悔リスト』をクリアし心を軽くしながら、これからの10年かけて何かに打ち込めることが見つかれば、それ以後の人生も充実していくことでしょう。
02
これを参考にして私が日頃実行していること
・化粧をすることで1日のスイッチを入れる。
・鏡を見て口角を上げる。…笑顔を作ることで脳が幸せだと認識するらしいです。
・何かをするかしないか迷ったときは、やりたいことだと判断して、実行に移す。
・私の実行に移した後悔リスト…ピアスを開ける・スキューバダイビングをする。
・ハートをドキドキさせる。…おしゃれをしてコンサートに行く・音楽を聴きながらジムで汗を流す。
・身体が重たいなあと思っても、アクションを起こしてみる。案外動けるもの。

いかがでしょう?
これから先、平均寿命(86.61歳)まで生きるとして30余年、まだまだ先は長いです。
同じ時間を過ごすなら「どんな時も精いっぱい、人生を楽しむ」という気持ちでお互い歩んで行けたらいいですね。

今回のコラムが潤いの1滴になってくれたら幸いです♪

2016.08.04
コラム「泉からのメッセージ~潤いの一滴~」 開設のお知らせ

160721

助産師の島田です。
今年も早いものでもう夏がやってきました。今年は猛暑だそうです。
みなさん水分をこまめに摂取して熱中症対策を心がけ、一方でエアコンでの冷やしすぎに注意してお過ごしくださいね。女性にとって冷えは大敵ですから。(常日頃院長が申しております)

さて、早速ですが、8月より、「泉からのメッセージ~潤いの一滴~」と題しましてコラムを始めることとなりました。
これは、日々診察について患者さんの様子をは拝聴、拝見し、「こんな知識があれば悩まずに済むのにな」とか、「患者さん方が知りたいことってこんなことだったんだ!」など、気づかされることが多いため、何かアドバイスができるかなと考えた時、ホームページを活用しない手はないと考え、この度掲載する運びとなりました。

私の視点からではありますが、

・更年期、妊娠中の生活などの中で知っておいたほうが良い知識
・女性に関連した世間で注目の話題
・季節や時期に沿った体調管理

などなど、思いつくまま綴っていきたいと思います。

このコラムが、みなさんの生活の「潤いの一滴」になれば嬉しいです!
8月下旬から掲載開始予定です。
もしも、取り上げて欲しい話題、情報などありましたら、ぜひお知らせください。

島田 さと里


6 / 6« 先頭...456