岩井久美が送る 泉(Wellspring) からのメッセージ ~心の声

はじめの一歩

世界中、日本中で猛威を振るう新型コロナウイルス、経験した事のない事態に「外出自粛」は多くの人がストレスを感じる日々を過ごしていたと思います。
私も1つも趣味がない事に気づきました。

そんな中ふと心の声…
2~3年前に買っていた1冊の本「大人が楽しむ、はじめての塗り絵・四季の花」を始めてみました。 これが、やり出すと楽しいと感じる様になり、友人に見せるとほめられ調子に乗ってしまいました(笑)
1枚塗り終わると詩をつけてみたりしています。

塗り絵にはストレス解消のための重要とされる3つの要素、休養・娯楽的な楽しみ・くつろぎが当てはまるそうです。
脳は大脳・小脳・脳幹の3つに大きく分けられ、さらに大脳は前頭葉・頭頂葉・側頭葉・後頭葉の4領域に分けられます。塗り絵をする事で大脳の4領域は

前頭葉:どのように塗るか(色や濃淡など)プランを練り指令を出す
頭頂葉:どこに何が描かれているか絵の構図を把握し覚える
側頭葉:過去の経験から色の参考がないか保存された記憶をたどる
後頭葉:塗り絵を見てどういう絵なのか認識する

など脳を活性化してストレスも解消できるという頭と心に嬉しい効果が期待できるそうです。

最近では散歩しながらも周りの景色が違って見える様になりました。気が沈んでしまう毎日が少しずつ前向きになれ心の励みにもなりました。コロナ感染を通して大変な思いをしている方も沢山いる事だと思います。
私達にできる事は自分が何ができるか、何が役に立つのかを考え希望を持って今できる事を、やっていく事が大切なんだと感じる毎日です…

岩井のつぶやきでした