マリコ院長のときたまトーク

第3回 「パンケーキ」

パンケーキ

世間はコロナウィルス感染拡大防止一色となっている昨今、我がクリニックにも影響が様々に及んでおり悩み多いこの頃ですが、あえて今日はゆるい話題をひとつ。

実はこの前、初めてパンケーキ屋さんのパンケーキを食べる機会があったんです。
巷では数年前にブレークし、未だ衰え知らずのパンケーキ、かさ高く焼かれたふわふわスポンジにこれでもかと盛られる生クリーム&フルーツの写真、よく見かけますね。美味しいのかなあと思いつつ、実際にお目にかかるチャンスがないままでした。

ですが最近、偶然とあるハワイアンレストランに入る機会が訪れ、せっかくだからパンケーキも食べようということになりました。ホットケーキのおしゃれなやつだよね、くらいの認識で、ナッツのクリームがかかっている比較的シンプルなパンケーキを注文し、
一口食べて「!!!」こ、これは!ホットケーキと全然違う!
ふわっふわ、ちょいもちの優しーい食感で、甘さ控えめなのでどんどん食べ進めれてしまう、、
もうびっくりするほど、フォークを手に小躍りしてしまうほど美味しかったのでした。

パンケーキ

実のところ私は体質上糖尿病になりやすいため、普段はわりと低糖食生活です。
主食は少なめでマンナン米にもち麦、ふすまパンか大豆粉パン、うどんならこんにゃくうどんにして肉野菜を大量にのっけ盛り、間食摂るなら高カカオチョコ、ナッツ、チーズ、低糖アイスクリーム、これだけはどうしてもやめられない「柿の種」(笑)、たまに到来物のお菓子やフルーツを少しだけ。でも外食時は制限しすぎずお酒やデザートも楽しみます。
今回久しぶりにまともなスイーツを食べたから余計に美味しく感じられたのかは分かりませんが、久々に目がさめるような衝撃を受けました。

日頃コンビニやスーパーにだってハイレベルに美味しいお菓子、美味しいパンがひしめき合っている国日本。美味しさ、便利さをとことん追求する日本人ってつくづく勤勉過ぎるのではとさえ思ってしまいます。日本の便利さを当たり前と思いがちですが、決してそんなことはないと肝に銘じておかないと。

それにしても、常日頃は粗食にしておいて、たまに美味しいものを食べると幸せ倍増ですね!このように感じられることが、有難いことだなあと思います。またいつかの機会に、美味しいパンケーキを誰かと美味しく食べられるチャンスがありますように!