バナー:WEB予約
マリコ院長のときたまトーク

第9回「絵をみる(その1)前編」

皆さんは絵を見るのが好きですか?
私は大好きで、展覧会やお店があったらよく覗いたりする方です。一人で見るのも楽しいし、身近な人と見て、「私はあれが好き」だとか、これ何を表しているんだろう?」とか「何このヘンテコリンなのは?!」などと言い合うのも楽しい。予備知識とかウンチクとか知らない状態で、自分の感性で見ていくのがいいですね。
自分が何に心地よく感じるか、何が好きじゃないかはっきりしてきますし、身近な人の意外な好みに驚いたりします。

最近では、とある画廊主催の「アートコンペ」なるものに行ってきました。プロアマ問わず、全国から作品を募集して展覧し、見に来た人が気に入ったものに投票したり、作品を買ったりしたポイントで順位を決めるという企画。
小さな画廊に、同じような規格で描かれた小品ながら力作が150点も並んでいます。

今回のテーマが「繋がり」という、時勢を色濃く反映したものですが、解釈は実に十人十色です。画家やイラストレーターの卵の作品からお気に入りのものを選び出すと、後で「自分はこういうテーマを自分の中に持っているんだなあ」などと解ったりします。

私の場合は、「闇が深いほど光が明るく見える」というテーマに惹かれているんだと気付きました。私の、沖縄好きな連れ合いはやはり海を思わせる「ブルー」に惹かれるようです。
多分、その日の自分の体調や気分だったり置かれている状況で、惹かれる絵もまた変わってくるのでしょう。

絵を通して自分を発見するってとっても面白いことだけど、今度は自分でも思い切って描いてみると、もっと素敵なのかもしれませんね!

WEB問診
ご来院前にWEB問診をご記入いただけますと受付がスムーズとなります。
ぜひご協力ください。
WEB問診の記入はこちら
  • がん検診のみ希望の方は、Web問診の記入は不要です。