スタッフブログ:ウェルスプリングウィメンズクリニック
2013.08.27
こんにちは 看護師の山田です(*^_^*)
こんにちは 看護師の山田です(*^_^*) スタッフのみなさん楽しい内容ですが、はじめて残念な内容を書いてみます 地元の祭りで金魚花火という水の中で行う花火を初めて見に行こうとしていたのですが その2日前! なんと、3歳の次男が「とびひ」になってしまいました・・・(T_T) ちょっと薬をもらおうという気分で皮膚科にいったら、 先生 「これ以上ひどくなったら入院ですよ!」 私 「えーーーーーーーーーーーーーーーーーー!」   「とびひって入院するようなことあるんですか???」 先生 「ありますよ。当然です。(さらっと)」 あまかった・・・ そんなにとびひって大変なの?(T_T) 先生「子供にはしっかり薬飲ませて下さいね。寝たらたたき起こしてでも!」   「汗もかかないように、外もだめです。部屋も寒いぐらい冷房かけてね」 そこまで!(>_<) 治療始めて数日ですが、けっこうたいへんです。子供はすぐ痒くて手で掻いちゃうし、暴れて汗かいちゃうし。 みなさん、こどもの「とびひ」は早めに受診しましょう。 うちは頭のとびひを「蚊にさされただけでしょ」ってほっておいたら、すぐにコアラのような鼻になり、手にもできました・・・。 とびひとびひとびひ
「とびひ」のことを息子の写真付き解説でちょっと紹介しておきます。治りかけてきたので少しわかりにくいですが。 「とびひ」の正式な病名は「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」といいます。 細菌が皮膚に感染することで発症し、人にうつる病気です。7歳未満の乳幼児におこることが多いです。 大人ではあまり感染しません。 目・鼻・口まわりから症状が出始めることが多く、かきむしった手を介して、水ぶくれがあっという間に全身へ広がる様子が、火事の火の粉が飛び火することに似ているため、「とびひ」と呼ばれています。 原因菌は黄色ブドウ球菌という菌による感染症で治療には抗生剤が必要となります。 とにかくジュクジュクしたようなあとがポツポツとでてきたら早めに病院へ行きましょう。
2013.08.06
はじめまして 松原です
はじめまして スタッフブログ四人目 松原です 猛暑という言葉がピッタリくる そんな今年の夏 皆さん いかがお過ごしですか? 先日 私は鳥羽に行ってきましたよ♪ 私には小学生の娘がいるのですが その娘が鳥羽水族館にいってみたいと言うので 鳥羽へは鳥羽水族館目当てで行ってきました(^^) 自宅から車で二時間半程度走ったら 鳥羽に到着 ♪ 到着したのがお昼時だったので 食事をとるお店を探しがてら 近くをドライブしました 高台から見える景色はとてもきれいで 青い海 その海に浮かぶ大小様々な船 レトロなカラーリングの電車 小さな旅館たち その町並みはどこか懐かく感じる 海辺の素敵な町でしたよ ドライブを終えて 鳥羽水族館近くの食堂へ入り 海の幸いっぱいの海鮮丼や手こね寿司、伊勢うどんを食べました とっても美味しかったです(*´∇`*) 水族館
お腹が満たされたら 娘お待ちかねの鳥羽水族館へ 鳥羽水族館といえば ジュゴンがいる日本で唯一の水族館、 そして飼育する生き物の種類が日本の水族館の中で最多なんだそうですね 水族館でお馴染みの動物や魚以外にも 海以外の水中や水辺にすむ珍しい生き物たちにたくさん会えましたよ(^^) ジュゴンやマナティがかわいらしい顔で優雅に泳ぐ姿に癒されたり セイウチショーで爆笑したり 7月に新設された大変珍しい生き物たちを集めた その名もへんな生き物研究所というコーナーでは 2009年1月から絶食中のダイオウグソクムシという生き物を見て 見た目の気持ち悪さに驚いたりと 見所満載の鳥羽水族館を満喫してきました 水族館 水族館
水族館 水族館
鳥羽水族館、美味しい食事 綺麗な景色 鳥羽でとっても楽しい一日を過ごせました♪ みなさんも是非 鳥羽に出かけてみませんか? お薦めですよ♪
2013.08.01
バースデープレゼント
突然ですが、院長です。 今日は、待ちに待った(ウソ!)自分の誕生日です♡ 夏真っ盛りに生まれたので基本夏は大好きですが、今年は暑すぎてやや弱ってます。 スタッフのみんながバースデープレゼントを用意してくれました 今流行っているらしいタイカレーの缶詰と、ゴージャスなシャネルのグロスという、 夏を乗り切るためのベストアイテムです! みんなありがとう!この場を借りてお礼もうしあげます。 IMG_0401