バナー:WEB予約
カンジダ膣炎
婦人科特有の病気があります。女性特有の悩みがあります。
よく耳にするこれらの婦人科の病気…
「病院にいくのは恥ずかしい」なんて言っている場合ではありません。
女性による診察なら、安心して受けていただけるのではないでしょうか?
悩まず迷わず、是非ご相談ください。

カンジダ膣炎

カンジダ膣炎とは?

画像:カンジダ膣炎

カンジダ菌という真菌が膣に異常繁殖して起こる膣炎のことです。
カンジダ菌は日常どこにでもいる常在菌ですが、温度が高く、湿潤した場所での発育を好みます。
したがって膣内はカンジダ菌が増殖しやすい環境といえます。

しかし膣内は常在菌である乳酸桿菌が膣を強酸性に保つために、通常は病原菌の繁殖を抑えていますが、体調が悪かったり、抗生剤内服などで菌交代現象が起こり、カンジダ膣炎を起こすと言われています。
妊娠中もホルモンの影響でカンジダ膣炎を起こしやすくなります。

どんな症状?

かゆみとおりものの増加です。
おりものは典型的なものでは ヨーグルト状またはカッテージチーズ状のものがでます。
大抵外陰炎も一緒に起こります。

治療方法は?

抗真菌剤の膣錠と外用剤を1~2週使用します。
再発を繰り返す人、難治性のものには抗真菌剤の内服療法も行います。

日常生活の注意は?

  • 高温、多湿を避ける
  • ガードル、ストッキングなどは止めて木綿の下着をつける
  • パンツルックよりはスカートを着用する
  • オリモノシートやナプキンは必要最小限にする
  • 外陰部を石鹸で洗いすぎたり消毒しすぎるのはかえって逆効果です
  • 糖分の過剰摂取に注意

再発を繰り返す人は、普段から体調管理に気をつけましょう。
ストレス、睡眠不足、タバコの吸いすぎもよくありません。糖分の過剰摂取に注意。糖尿病の方も要注意です。

免疫力を増強させる効果のあるサプリや栄養補助食品を利用してみるのは良いとおもいます。

カンジダ菌はかならずしも性感染症ではありませんが、セックスパートナーのペニスや陰嚢にも外用剤を塗ってみるのも一手です。

マリコ院長の婦人科レクチャー

カンジダ膣外陰炎について

画像:マリコ院長